横綱朝青龍関が引退してしまいました。世間を騒がせ色々と言われてきた横綱でしたが、僕は朝青龍の強さ、それから屈託のない笑顔が大好きで、応援していたので大変残念です(´・_・`)

朝青龍の故郷モンゴルに僕は2回行ったことがあります。大好きな国です。一度目は首都ウランバートルの近郊だけでしたが、二度目はかなり北西のロシア国境沿いの奥地まで、車を何日も走らせて行きました。その滞在で知ったのはモンゴル人と日本人とでは、顔は似ていても、文化・風習や考え方が全く違うということ。モンゴル人は平気で約束の時間に半日!遅れてきます。

でも、あの青い空と大草原とゲルと馬と羊の世界に生まれたら、日本人とメンタリティーが違って当然。生存と繁栄の条件が全く違うんです。朝青龍関はつまるところ生粋のモンゴル人なんですよね。「郷に入っては郷に従え!」「相撲は日本の国技だ!」確かにそうでしょう、でもその国技を外国人に開放したのですから、こうした文化的な軋轢や摩擦は事前に予想できたはず。今後も大なり小なり起こってくる問題でしょう。

考えてみてください。日本の歴史にも「悪太郎」的なヒーローって沢山いたじゃないですか。スサノオノミコトや弁慶、木曽義仲…、日本各地の昔話の世界だって枚挙にいとまがありません。結局、今の日本人にそういうタイプの人間を受け入れるだけの心の余裕が無くなったんじゃないか・・・、僕はそんな風にも感じていました。

でも、そんな僕の擁護論も、あの事件が起こる前までのこと。プロの格闘家(?)が一般人に手を挙げてはいけないですよね。

余談ですが、旅行中感じましたが、モンゴルは世界でも数少ない親日的な国です、そして朝青龍はモンゴルではまさに「英雄」。同国はレアメタルの宝庫でありますから、国と国は仲良くしたいですね!

モンゴルでルアーフィッシングをする私

モンゴルでルアー釣り。よく釣れました。

広いモンゴル高原(左が私)

どこまでも続くモンゴルの道(左が僕)