林羅山の印

江戸時代初期の朱子学者、林羅山(はやしらざん 1583-1657)の印です。羅山は号で、諱は信勝(のぶかつ)。字は子信。通称又三郎。出家した後の号、道春(どうしゅん)という名でも知られます。徳川家康のブレーン的存在で、家 [...]

脇坂安元の印

脇坂安元(わきざかやすもと・1584-1653年)の「藤亨」と彫られた印章です。周りの蔓(つる)状の模様は、藤の蔓を表しているのかもしれません。 脇坂安元は江戸時代初期の大名。伊予大洲藩(現在の伊予市周辺)第二代藩主、の [...]

家康の参謀、天海の蔵書印

偶然、明治時代の古い印譜(いんぷ)を入手しました。印譜とは、印籍の一種で、鑑賞や研究を目的として印章の印影および印款を中心に掲載した書籍のことです。歴史上の著名人の印がたくさん載っていますので、ネタ切れの時などにボチボチ [...]

  

ホームページはこちら ↓

Calendar

2018年5月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

あなたは 699801 番目のご来訪者です。

携帯電話からも見られます

お寄せ頂きましたコメントは私の「承認」→「表示」という経過をたどるため反映に時間がかかることがあります。ご了承下さい
相互リンクは募集しておりません