2011年10月18日、中日ドラゴンズは、マジック1で迎えた横浜ベイスターズとの試合を引き分けに持ち込み、ついに!リーグ優勝を果たしました!球団史上初の連覇、落合監督にとっては4度目のリーグ優勝です。

僕はラッキーにも、当日横浜スタジアム・三塁側内野席でこの試合を観戦しておりました! 落合監督の胴上げが目の前で見られて、本当に嬉しかったです。ありがとう、落合監督。8年間、どうもお疲れ様でした!!

しかし喜びの反面、一抹の寂しさも覚える今回の胴上げでした。今期で落合監督の率いる中日ドラゴンズは見納めだからです。

落合を退任に追い込んだアンチ落合の急先鋒・坂井球団社長やその取り巻き、8年間落合中日の足を引っ張り続けた地元名古屋のアンチ落合たち=OBの小松、木俣、鈴木孝政、彦野やマスコミ各社(CBCテレビ・CBCラジオ等)・・・に僕は言いたいことが山ほどあります。ですが、日本全国どこにでも、どんな世界にでも、「大切なこと」より自分の利益を優先する人間、好き嫌いや嫉妬の情が理性を曇らせてしまう人間、自分の「立場」や「身分」からしかものを考えられない人間、「実力」や「結果を出すこと」以外の手段で人を出し抜こうとする人間・・・、というのは存在します。残念ですが、まあ世の中にはよくある話ですし、ある意味、停滞久しい日本社会の縮図なのでしょう。(ですが、スポーツという、本来そういう一般社会の嫌な部分を持ち込んではならない世界でコレなんですから腹が立ちます)

内にも外にも「敵」がいる中で、監督・選手・コーチたちはよくここまで頑張ってきたと思います。是非、CSでも勝ち残って日本一の栄冠を勝ち取って欲しいと思います。優勝おめでとう!万歳!万歳!万歳!

ドラゴンズ優勝