先日、お客様の書道の先生に割引券を頂戴していたので、近所の「日本書道美術館」(常盤台)に行って参りました。僕は字が下手なのですが、ハンコを彫るには字の上達が不可欠なので、日頃から上手くなりたいと思っています。でも、努力が伴っているかどうかはあやしい… (´_`。)

財団法人日本書道美術館

日本書道美術館(板橋区常盤台)

東武東上線ときわ台駅北口を出て、ロータリーをこえたらすぐのところにあります。僕自身、何度もこの近くは通っていますが、この美術館には初めて行きました。駅北口に大きな看板が出ているので、迷うことはないでしょう。この財団はこうした展覧会だけではなく、書の教育や普及にも力を入れているようです。この展覧会ですが….

syodou2

現代書の美の展開

「書は時代とともに変わらない部分もあり、また変遷することもあり…、百人一首という古くからの伝統玩具にも書の現代的な部分が影響し始めている…」とまあ、展覧会の主旨はざっと読んだところ、こんなところでした。確かに、昔の百人一首よりは、現代人に幾分読みやすく書かれているような印象もありました。カルタの上に書かれていない掛け軸の普通の書もあり、色々と興味深く拝見しました。中には現代の前衛絵画と見まごうばかりの抽象画のような?書もあり、ビックリしました。

さて、結論ですが、やはり僕にはまだ書の「鑑賞力」が足りないことを実感。楷書でいかにも上手く書かれた書には「感心」するけれども、ちょっと崩れたり破格の文字だったりすると、戸惑うばかり・・・。「こんなの俺でも書けないかな?」なんて不遜な感情も起こってきます。「感心」はするけど「感動」はまだあまり湧き起こってこない。

ですが、これに懲りず、こうした機会があれば今後も極力行って、文字に対する感覚というか感性というか、そういうものを磨きたいと思った次第です。まだまだ僕にとっては書道の上達の道は遠いです。

この美術館のそばには板橋区中央図書館もあり、板橋の田園調布といわれる豪邸の建ち並ぶ常盤台ですから、板橋には珍しく?文化や教養の香りがちょっとしますね(笑) 皆様も足を運ばれては如何でしょうか?

(財団法人日本書道美術館 東京都板橋区常盤台1?3?1 電話03-3965-2611)

ランキングに参加しています。ポチッと押して下さいまし↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 板橋区情報へ
にほんブログ村