タバコは、まだ吸いたい時もありますが、もう無くても済みそうな気も・・・。禁煙成功にだいぶ近づいたようです。日が経つにつれ楽になっていきます。

しかし、酒は・・・。最近・・・、禁酒して100日を過ぎたあたりから、「そろそろ一杯くらいいいんじゃない?」という悪魔の囁(ささや)きが、夜な夜な僕を苦しめています(笑)

「昨夜(ゆうべ)一晩中 欲望と戦った・・・」(「太陽の破片」尾崎豊)・・・こんな歌詞がふと脳裏をよぎります(笑)

きっと100日を達成したことから来る気の緩(ゆる)みなんでしょう。昨夜も「飲みてー!」という強い衝動が襲ってきました。その時、既に僕の頭の中では行きつけの或る店のカウンターに座って、酒を飲んでいる自分の「近未来映像」が流れていました(笑) あと5℃気温が高かったらビールの誘惑に負けていたかも知れません。紙一重、危ないところでした・・・。

もしかしたら一晩くらい飲んだって良いのかも知れません。次の日からまた禁酒すればいい・・・。イヤイヤ。堤防も蟻の一穴から崩れます。もし酒を飲むようになったら、またタバコも復活することは目に見えている。体重もせっかく減らしたのにまた増えてしまうでしょう。やっと再び手に入れた爽快な朝、快活な気分、充実した気力が失われてしまう。ココは絶対に破られてはいけない防衛線なのです!

昨夜は気を紛らすためウォーキングをしました。しかし、ウォーキングも最近マンネリ化して何かつまらない・・・。

やれやれ、100日を過ぎて、かなりキツイ状況になってきました。頑張れ、オレ。