最近、季節的な理由もあるのか、スピード名刺のご注文やお問い合わせがちょくちょくあります。

取引先との大切な商談の朝、「あれ、名刺が切れている !(゜O゜)! 」・・・これは大変焦りますよね。

また、私にもにがい経験がありますが、訪問先で名刺を相手からもらったにもかかわらず、こちらからは「済みません。ただ今、名刺を切らしておりまして…」では、商談開始早々、いきなり減点です。

でもお任せ下さい。当店は白黒名刺ならば最短20分、2色やカラーでもおおよそ30?40分ほどでデザインから印刷まで、大至急仕上げます。事前にFAXを流しておいて頂ければ、店頭でお待たせせずにお渡しできることもあります。(ロゴや地図などがあると時間がかかることがあります。また「急ぎ」の場合は、あまり「こだわり」の名刺はおすすめできません。特に特殊な紙をご希望だと、取り寄せに数日かかります。)当店ではこのスピード名刺を「通常」の料金の50%増しで承っております。(当店は「通常」でも翌日お渡しです)

ここで、少し名刺のうんちく話を。

◎名刺は日本だけのものではありません。欧米でも最近はかなり普及してきたようです。ただし、日本では会ってすぐ最初に交換することがほとんどですが、あちらでは、最後の別れ際に住所の確認の意味で渡されることが多いようです。

◎また、名刺のサイズはいわゆる「黄金比」になっています。(91?×55?) 他に黄金比のモノと言えば、たとえばタバコ、クレジットカードなどがありますね。

◎名刺は、なぜ「名紙」と書かないのでしょうか? 「刺」は中国では木や竹の札のこと。その昔、中国では訪問相手が不在だったとき、木や竹の札を玄関先に置いてきたそうです。「名刺」の「刺」の字は、この木や竹の札に由来しているそうです。

★名刺のご用命は、是非、板橋区前野町の印章店【スタンプリント】まで!

弊店のPCサイト /  弊店の携帯サイト