『科学と犯罪』(寺田精一著)という大正時代の古い本を見ていたら、「偽造印章の鑑定法」について、面白い記述がありました。 詐欺文書について研究すべきなのは印章の偽造である、なぜなら「今日における主なる文書は印章の押印を以て [...]