平時には「昼行灯(ひるあんどん)」と渾名され、さえない人物だと周囲から見なされていた大石内蔵助だが、主君浅野長矩が江戸城松の廊下で刃傷沙汰に及び即日切腹を命じられ、主家お家断絶という不測の事態が起きるや、それ以降は人が変 [...]